大阪スクールオブミュージック専門学校コンサートワールド舞台美術デザイナーコース

 >  >  > 大阪スクールオブミュージック専門学校

h2ヘッダ

概要

大阪スクールオブミュージック専門学校コンサートワールド舞台美術デザイナーコース

大阪スクールオブミュージック専門学校コンサートワールド舞台美術デザイナーコースの受験対策ページです。
一般的には舞台美術デザイナーコースに特化した受験情報は多くありませんが、コンサートワールドに関する受験情報は見つけることができました。
大阪スクールオブミュージック専門学校コンサートワールドの入試傾向に合せて対策しましょう。


 <目次> 空白
h2ヘッダ

過去問・予想問題を入手しよう

大阪スクールオブミュージック専門学校をキーワードにして、受験情報サイト、書店、オークション等を確認しました。
リンク切れが多くなっていますが、以前にはコンサートワールドの過去問も入手できましたので、最新情報をご確認ください。
※ リンク切れの場合は進学サイトに移動します。


 <過去問ダウンロード> 空白
h2ヘッダ

学校の方針・特徴を知っておこう

大阪スクールオブミュージック専門学校は「大阪府大阪市西区新町1-18-22」にある専門学校です。
演劇を学べる学校として、大阪府においてはコンサートワールド舞台美術デザイナーコースが知られています。

大阪スクールオブミュージック専門学校は進学サイトにおいて「OSMでは年に3回、アミューズ、ソニーミュージックエンタテインメント、エイベックスグループなどの音楽関係企業の新人発掘担当者や採用担当者に会える「合同企業説明会&新人発掘プレゼンテーション」を実施。採用担当者に直接自分をアピールすることができる、音源を聞いてもらいアドバイスをもらう、就職面接を受けるなど、デビュー・就職に直結する活動を校内で展開しています。」が特徴として記載されています。

中でも舞台美術デザイナーコースは演劇を専門的に学べるため、大阪府以外からも多くの学生が志望しています。
この専門性が演劇を学べる学校として大阪スクールオブミュージック専門学校を有名にしています。


 <参考にした学校情報サイト> 空白
h2ヘッダ

受かった・落ちた受験体験記


 <受かった体験談>

受験体験記の1つ目の報告は、大阪府に在住の荻原さんによる「受かった体験談」です。
荻原さんは大阪スクールオブミュージック専門学校コンサートワールド舞台美術デザイナーコース以外にも共立女子大学、東京ビジュアルアーツを併願しており、演劇を学べる学校の入試には十分対応してきました。

荻原さんは本格的な受験勉強を高校2年生の1月に始め、休日は平均5h/日の勉強をこなしていました。
「NEXT中部進学塾」に通い、別途、通信教育の「公文式通信学習」を受講しています。
また、志望校の合格率判定は、合格率40%(C判定)から合格率60%(B判定)に上がったのが高校2年生の7月です。それ以降、6割の確率で合格率60%(B判定)以上を取っています。

大阪スクールオブミュージック専門学校コンサートワールドに合格するために、荻原さんは「入試問題を数年分入手すること」が最も重要と振り返っています。
過去問は文真堂書店で入手したのではなく、楽天ブックスにて入手したとのことです。


 <落ちた体験談>

受験体験記の2つ目の報告は、大阪府に在住の丹下さんによる「落ちた体験談」です。
丹下さんは大阪スクールオブミュージック専門学校コンサートワールド舞台美術デザイナーコース以外にも早稲田大学、を併願していましたが、1つに合格したものの、大阪スクールオブミュージック専門学校コンサートワールドには合格できませんでした。

丹下さんは本格的な受験勉強を高校1年生の6月に始め、休日は平均3h/日の勉強をこなしていました。
「TOP進学教室」に通い、別途、通信教育の「ワオスタディー」を受講しています。
また、志望校の合格率判定は、合格率40%(C判定)から合格率60%(B判定)に上がったのが高校2年生の10月です。それ以降、3割の確率で合格率60%(B判定)以上を取っています。

大阪スクールオブミュージック専門学校コンサートワールドに合格するために、丹下さんは「」が最も重要と振り返っています。
過去問はビッダーズで入手しましたが、くまざわ書店で探さなかったのが、着手が遅れた原因だったとのことです。

空白

 >  >  > 大阪スクールオブミュージック専門学校

ページトップへ
地理 歴史 文化 言語 法律 政治 経済 経営 商学 社会 観光 マスコミ 国際 語学 芸術 演劇 文学 表現 音楽 家政 栄養 人間 心理 教育 保育 福祉 看護 薬学 歯学 医学 健康 スポーツ 化学 物理学 数学 生物 バイオ 農学 生命科学 地球 環境 資源 機械工 航空 情報工 通信工 電気工 建築