沖縄大学人文学部国際コミュニケーション学科

 >  >  > 沖縄大学

h2ヘッダ

概要

沖縄大学人文学部国際コミュニケーション学科

沖縄大学人文学部国際コミュニケーション学科の受験対策ページです。
一般的には国際コミュニケーション学科に特化した受験情報は多くありませんが、人文学部に関する受験情報は見つけることができました。
沖縄大学人文学部の入試傾向に合せて対策しましょう。


 <目次> 空白
h2ヘッダ

過去問・予想問題を入手しよう

沖縄大学をキーワードにして、受験情報サイト、書店、オークション等を確認しました。
リンク切れが多くなっていますが、以前には人文学部の過去問も入手できましたので、最新情報をご確認ください。
※ リンク切れの場合は進学サイトに移動します。


 <過去問ダウンロード> 空白
h2ヘッダ

学校の方針・特徴を知っておこう

沖縄大学は「沖縄県那覇市字国場555番地」にある私立大学です。
国際を学べる学校として、沖縄県においては人文学部国際コミュニケーション学科が知られています。

沖縄大学は進学サイトにおいて「沖縄大学はキャリア形成に力を入れています。その一環として就職支援課にはコーチング研修を受けた専属のキャリアコーチを配属し、学生のサポートをしています。」が特徴として記載されています。

中でも国際コミュニケーション学科は国際を専門的に学べるため、沖縄県以外からも多くの学生が志望しています。
この専門性が国際を学べる学校として沖縄大学を有名にしています。


 <参考にした学校情報サイト> 空白
h2ヘッダ

受かった・落ちた受験体験記


 <受かった体験談>

受験体験記の1つ目の報告は、沖縄県に在住の長澤さんによる「受かった体験談」です。
長澤さんは沖縄大学人文学部国際コミュニケーション学科以外にも静岡産業大学、日本外国語専門学校を併願しており、国際を学べる学校の入試には十分対応してきました。

長澤さんは本格的な受験勉強を高校2年生の4月に始め、休日は平均11h/日の勉強をこなしていました。
「学習塾あすなろ会」に通い、別途、通信教育の「定期テスト向上委員会」を受講しています。
また、志望校の合格率判定は、合格率40%(C判定)から合格率60%(B判定)に上がったのが高校2年生の6月です。それ以降、8割の確率で合格率60%(B判定)以上を取っています。

沖縄大学人文学部に合格するために、長澤さんは「過去問の解答・解説を必ず見つけること」が最も重要と振り返っています。
過去問はくまざわ書店で入手したのではなく、Honya Clubにて入手したとのことです。


 <落ちた体験談>

受験体験記の2つ目の報告は、沖縄県に在住の奥田さんによる「落ちた体験談」です。
奥田さんは沖縄大学人文学部国際コミュニケーション学科以外にも大阪国際大学、を併願していましたが、1つに合格したものの、沖縄大学人文学部には合格できませんでした。

奥田さんは本格的な受験勉強を高校1年生の4月に始め、休日は平均1h/日の勉強をこなしていました。
「たどぽるーむ」に通い、別途、通信教育の「オンライン家庭教師エイドネット」を受講しています。
また、志望校の合格率判定は、合格率40%(C判定)から合格率60%(B判定)に上がったのが高校3年生の10月です。それ以降、2割の確率で合格率60%(B判定)以上を取っています。

沖縄大学人文学部に合格するために、奥田さんは「」が最も重要と振り返っています。
過去問はヨドバシ.com書籍で入手しましたが、蔦屋書店で探さなかったのが、着手が遅れた原因だったとのことです。

空白
h2ヘッダ

問題集は書店以外でも手に入る

沖縄大学人文学部の問題集は、書店以外でもオークション等でも見つけることが出来ます。


 <沖縄大学の取扱先> 空白

 >  >  > 沖縄大学

ページトップへ
地理 歴史 文化 言語 法律 政治 経済 経営 商学 社会 観光 マスコミ 国際 語学 芸術 演劇 文学 表現 音楽 家政 栄養 人間 心理 教育 保育 福祉 看護 薬学 歯学 医学 健康 スポーツ 化学 物理学 数学 生物 バイオ 農学 生命科学 地球 環境 資源 機械工 航空 情報工 通信工 電気工 建築